実は源氏名が大事!?

風俗求人情報サイトがどんどん増えてきているということもあり、女性が気軽に風俗で働ける環境ができつつあると思いますが、やはり不安というものもつきまとってくることは事実です。

 

 

これから風俗嬢になろうという女性にとってもっとも不安に思うことといえばなにかというと、自分が風俗嬢として働いているということが親や知り合いにバレてしまわないだろうかということなのです。

 

 

風俗嬢という仕事は性的なサービスをするということで何も悪いことをしているわけではないのですが、日本の昔からのイメージで風俗嬢という仕事は性病にかかったりすることもあるし危険なお仕事だみたいなイメージがついてしまっていて世間からあまり良い目で見られないというところがあるのです。

 

 

しかし、現代の風俗店というのは昔の江戸時代のようなころとちがって医学もとても発達していますし、衛生面もとても優れている風俗店が多くなってきていますのでそんなに危ないということはないのです。

 

 

とはいっても世間にしみついてしまっている風俗嬢のイメージというのがすぐに変わってくるわけではないので何十年もかけて風俗嬢という仕事への理解が進むことをいのるのみなのです。

 

 

では、そんな今の時代に風俗嬢になろうと思うとできるだけ身分は隠しながら働きたいわけです。

 

 

そのときに、どのような対策があるのかということを知っておくことでより風俗嬢になることへの不安を少なくすることができると思います。

 

 

まず、自分の正体を隠すために一番重要になってくるのは名前です。

 

 

どんなに変装していても本名で風俗店で働いていたら、かなりの確率でバレてしまうことでしょう。

 

 

そんなときに風俗店では本名を使わなくてもいいようにと源氏名というものをつけさせてくれるのです。

 

 

源氏名というのはキャバクラなどと一緒でそのお店のなかでつかうコードネームとでもいいましょうか、ニックネームとでもいいましょうか、呼び方はなんでもいいのですが自分で本名とは違う名前をつけることができるのです。

 

 

ここで本名さえ隠せればなんでもいいやということで源氏名をつけてはいけません。

 

 

というのも、源氏名といのはお客さんが風俗嬢を選ぶときに非常に重要になる項目だからなのです。

 

 

たとえば極端な話ですが、ゴリラという源氏名をつけたとした場合、「ゴリラ」と「ゆみこ」なんていう名前が並んでいた場合お客さんは確実にゆみこさんのほうを選んでしまうでしょう。

 

 

このように成績にも影響してくるので大切に源氏名はつけなければいけないのです。

 

 

本名を隠すと同時に実は源氏名が成功の鍵をにぎっているのです。