実は待機時間が楽しくなってきている!?

風俗嬢特有の事情として待機時間なんてものがあることをみなさんはご存知でしょうか。

 

 

待機時間というのは風俗店で働いているときにお客さんが来るのを待つという時間のことなのですが、この待機時間というのが昔は結構たいへんなものだったという事情があるのです。

 

 

といいますのも、昔の風俗店では待機している風俗嬢がひとつの部屋にぎゅうぎゅうで入っていなければいけないなんていうこともよくあったのです。

 

 

その風俗店の女性たちがみんな仲がよければ問題はないのですが、風俗嬢同士というのはお客さんを奪い合うライバルでもあるわけですから、得てしてあまり仲がいいということはなかったということが言われています。

 

 

そうなってくるとベテランの風俗嬢の女性が力をもって新人女性イビリなんてことも実際にあったという話はインターネット上の元風俗嬢の日記なんかを読んでいるとよく出てくるものです。

 

 

なら、待機室からでて外でまっていればいいじゃないかと思うかもしれませんが、昔は携帯電話なんて無い時代でしたから外で待つわけにもいかずとにかく待機時間は耐えるということしかなかったのです。

 

 

しかしながら時代はすすみ今の風俗店の状況というのはどうなっているのかということですが、実はその辛かった待機時間というのはさまがわりしてとても楽しい時間になっているとすら言われているのです。

 

 

なぜそのようなことになっているのかというと、ひとつに待機の方法が劇的に変わってきたということがあるのです。

 

 

たとえば、昔はひとつの部屋に押し込まれていたものが今の風俗店では漫画喫茶のように小さな個室になっていてそこでパソコンやテレビ、漫画なども置いてあっていたれりつくせりなんていう状況も都内の風俗店では見かけることができます。

 

 

そのほかにも携帯電話の発達によってすぐに連絡がとれるということで、なんとお店の外の喫茶店や漫画喫茶といったところにいてお客さんが入った時に連絡がきてお店に向かうなんていうこともできるようになってきているのです。

 

 

こういったことがあるのでもはや待機時間が怖いと思って風俗嬢になることをあきらめるといった必要はないのです。

 

 

むしろ、風俗店で待機しているのが楽しいとなる可能性もあるのです。

 

 

ただし、全ての風俗店が個室を完備しているわけではないですし、個々のお店で状況は違うので、もし快適な待機時間がすごしたいということでしたら風俗求人情報をみるさいに待機時間はどういうふうになっているのかということを確認しておきましょう。