お客さんを集めるのも自分の仕事

客商売というのは基本的にはお客さんにきてもらわなければ利益がでてこないということもあり、どこの客商売のお店もお客さんを集めるのに必死になっていることと思います。

 

 

飲食店などではクーポン券などを配っていたり、料理の質を高めたりといったことをやっていたりしますが、では風俗店というのはどのような集客努力をしているのでしょうか。

 

 

実はこの風俗店の集客努力をしるということで、自分が風俗求人情報サイトなどを通じて仕事先を探すときにとても役に立つことがあるのです。

 

 

風俗店の集客というのは基本的には風俗嬢である女性たちがメインに働きかけるところがほかの業界とはちょっと違ったところだと思います。

 

 

先ほどもいったようなレストランのようなところはお店が中心となって集客を狙ったキャンペーンをやるものですが、風俗嬢というのはある意味個人経営みたいなことになるのでどちらかというとお店よりも個人でのプロモーションが重要になってくるのです。

 

 

たとえば、個人でできる集客術としては次のようなものがあります。

 

 

まず、多くの風俗嬢が実践している集客術のひとつとしてメールを活用するということがあります。

 

 

どういうことかというと一度お店にきてくれたお客さんとメールアドレスを交換しておき頻繁にメールをすることによってお客さんの心を風俗店へと向けさせるのです。

 

 

そして、たまに「今日お店にきませんか?」みたいなお誘いのメールをだせば男性がお客さんとしてやってきてくれるというわけです。

 

 

こういったことはもはや風俗業界では当たり前のようにやられているテクニックであり、効果のほども実証されているといってもいいでしょう。

 

 

そして、2つ目の営業としては同伴で男性のお客さんを釣るということがあるのです。

 

 

同伴というのは風俗店に入る前にどこか外でお客さんとおちあい、食事などデートのようなことをしてからお店にきてプレイしてもらうというものなのです。

 

 

やはり、男性は女性とデートをしたいと思っているものですので、同伴をすることによって気分がよくなり風俗店でお金をパーッと使ってもいいかという心境になりやすいのです。

 

 

ここまで個人での集客について話してきましたが、風俗店もまったく何もやってくれないというわけではなく、ホームページの作成などはやってくれるところが多いです。

 

 

もし、風俗嬢になってたくさんお金を稼ぎたいということでしたら、風俗求人情報サイトをじっくりみるのと同時に、お店のホームページなどをチェックしてどれだけ作りこまれているかということをみることでプロモーションにたいする力の入れ方がわかると思うので仕事先を選ぶうえでの判断材料とするといいと思います。