営業努力も必要!?

風俗嬢の仕事というと風俗店にこもりっきりでお客さんが来店するのを待っているなんていうイメージをもたれいてるかたが多いかもしれませんが、実は風俗嬢としての仕事のなかには積極的にお客さんを勧誘するということも含まれていることを多くの人に知っておいてもらいたいのです。

 

 

といいますのも、風俗嬢になればただお店にいれば勝手に男性のお客さんがやってきて適当にエッチなことをしていれば大金をもらうことができるというイメージで風俗嬢になられてしまっては困るのです。

 

 

風俗嬢という仕事はたしかに世間一般的なイメージからすればエッチなことをしていれば大金がもらえるという感じに見えるかもしれませんが、実際のところは決してそれだけではなく、徹底して鍛えぬかれたサービス、そして風俗嬢たちによるサービスの質の向上、そして営業努力によって形作られているのです。

 

 

では、風俗嬢になった場合には実際にはどのようなことをしなければいけないのかということをお話します。

 

 

風俗嬢の仕事というのは先ほども話したように男性のお客さんに性的サービスをすることによって報酬をもらうことができます。

 

 

しかし、最近の不景気な世の中、そしてインターネットなどの爆発的な普及によってエロコンテンツが誰でも無料でいくらでもみれる時代になってきたということによって風俗店をはじめとした性的産業がかなり厳しい状況にあるといわれているのです。

 

 

やはり風俗店で遊ぶとなったら最低でも万単位のお金が必要になってきますし、近頃の低収入の男性たちにはなかなか来店するのも簡単ではないという事情があるのです。

 

 

そこで風俗嬢としては必死に営業をかけなければいけないのです。

 

 

その方法としてはメールや電話といったものが用いられることが多いです。

 

 

メールや電話を活用してプライベート的なメールのやりとりでお客さんの心を自分に向けさせて、そして営業メールでお店にきてくれるよう勧誘するというわけなのです。

 

 

そのほかにも、同伴といってお客さんとお店の外で会ってからお店に向かうという方法も意外と活躍しています。

 

 

お店の外でお客さんと会ってから食事やカラオケといったところにいってデートを楽しんだうえで風俗店にきてもらうという流れになるのですが、男性はデートを通じて女性によりのめり込んでいきますので、常連さんになってもらうためには同伴はかなり有効的な手段と言えます。

 

 

最近は風俗求人も手軽に見れるようになってきていますし、こういったお客さんに来てもらう技術を知って挑戦してみるというのもいいのではないでしょうか。