こっちから面接をチェックすることも必要

風俗の世界で働いてみたいという希望をもっている女性が増えてきていると言われていますが、みなさん風俗ならば全く無条件で働くことができるとか思っていませんでしょうか?
実は風俗店で働きはじめるためにもちゃんと面接というものをくぐりぬけないといけないんですよ。

 

 

仕事を得るということは現代の世の中ではそんなに甘くないというのが厳しい現実なんですよね。

 

 

仕事を得るためにはまずは求人を見て自分の欲しい給料や勤務条件などを考えていくつかの会社に申し込むわけですが、ここまでは誰でもできることなのです。

 

 

しかし、ここからが大変なことで会社に書類を送っただけでは採用してもらえるわけもなく、採用までには厳しい厳しい面接というものが待ち構えているのです。

 

 

会社によって面接というのは全然ちがった感じだと思いますが、今の厳しい経済状況のなかではどこの会社も良い人材をほしいと思っているので徹底的に人材を見極めるための厳しい質問をぶつけてくるものなんですよね。

 

 

それでは風俗の世界の面接はどんなことを審査されるのだろうと思いますよね。

 

 

風俗店の面接というのは普通の企業とは実はちょっと違っていることがいくつかあるんですよ。

 

 

まずひとつに風俗店の面接では普通の企業にはない体のチェックというものをしているお店が結構あるんですよ。

 

 

やっぱり風俗嬢として働いていくためにはお客さんを獲得するための魅力が必要になってきますので最低限のボディーチェック、つまりはスリーサイズチェックくらいはされることになると思います。

 

 

なかには面接のときに実際に脱いでもらって生でチェックするお店もあると言われていますね。

 

 

風俗店での仕事は裸ですることも多いですし、最近の下着というものはかなり矯正力が強いですから脱いだ時と下着着用時ではまったく違った体型になることも多いですから裸チェックというのも仕方のないことなのかもしれませんね。

 

 

ただ、ここからが注意なんですが面接のときにチェックと称してボディータッチや実際に性的行為を要求してきたときには注意が必要ですよ。

 

 

やはり今でも風俗店のなかには面接のチェックといいながら自分の性的欲求を満たすために触ってくる面接官もいると言われているんですよ。

 

 

こういうところはあまり風俗嬢のことを大切に扱ってくれない可能性もあるんでそういうことを要求されたときにはきっぱり断って帰ってくるというのもいいかと思いますね。

 

 

風俗求人情報だけでは見極めることができない風俗店の真の姿というものは面接のときに見極めることができると思いますので面接をしてくれる人の態度や行動というのは要チェックですよ。